モンスーンアジアを巡るⅢ

これまで2度開催してきた「モンスーンアジアを巡る」。
番外編のパーツ展を経てとうとう最終回を迎えました。

最終回は地元粟生間谷でと考えてはいたのですが
どういう形でという具体案は特にないまま
2度目の開催から4年の月日が経ちました。

設立20周年というきりの良い年に
「あおのかぜ」の一部門となり
その「あおのかぜ」は「SO-KO」という場を持つことになり
そこでの開催となったことは
計画しているようにも見えますが
ほぼ偶然です(笑)

モンスーンアジアを巡り始めたころは
チェンマイに住むのが夢だったワタクシですが
粟生間谷に落ち着くことになりました。

長期開催ですが
間で展示替えがありますので
何度でもお越しください(笑)

18,19日は中国茶の振舞いもございます。
営業時間は10~16時。
19日は13~16時となっておりますのでご了承ください。

その他の営業日はスケジュールカレンダーをご覧ください。

明日からです

 

久々の札幌。
何よりも涼しいのが嬉しい(^0^)

いつものアクセサリーとパーツ展ですが
最終日の20日には
手縫いで出来る「和ブラ」のワークショップも同時開催。
ずーっと気になっていたワークショップなのですが
私のわがままで開催していただくことに♪

20日13時から3~4時間で仕上がります。
生地込みで¥4000
生地持ち込みは¥3500

生地は反物なら150センチ
服地なら110センチ程必要です。

「あおのかぜ」の服にも使われている
とっても気持ちよい手織り布のハギレもご用意しています。
(生地代は実費、パッチワークの必要ありですが。)
気になる方はぜひ!

ご心配おかけしました。

6月18日朝の地震で、箕面は大きく揺れ現在も余震が続いておりますが、大きな被害もなく無事です。

ご心配いただいたみなさまに感謝申し上げるとともに、この度の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

またお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

杭州ヘ

上海のホテル近くの市場

無事上海にたどり着き、モンスーンアジアを巡る旅の最終地杭州ヘやって来ました。
杭州いえば龍井茶。
と言うことで茶葉博物館と生産地龍井村を訪ねて来ました。

博物館の東屋からの風景

龍井村はかなり観光地化されていて驚きましたが、どちらも見応えは充分でした。
明日は「あおのかぜ」のシルク製品の打ち合わせです。

昆明

訪問するのは3度目。
この街も大きく変化していました。

初めて来たときも都会だなぁと思いましたが
どんどん便利になっている。
まだ発展の途中。これからさらに変化するんだろうな。

桃の花、でしょうか?
滞在したホテルの近くでは花が満開。
一足先にお花見を楽しみました。

さぁ、明日は上海に移動です。

桜井マルシェ

突然帰国したわけではございません(笑)
只今中国、昆明に居ります。
が、明日3月10日は「あおのかぜ」桜井マルシェに参加です。
いつもの商品に加え、今回の旅で仕入れた雑貨が並びます。
ぜひお立ち寄りくださいませ〜。

ヤンゴンの市場にて