モンスーンアジアを巡るⅢ

これまで2度開催してきた「モンスーンアジアを巡る」。
番外編のパーツ展を経てとうとう最終回を迎えました。

最終回は地元粟生間谷でと考えてはいたのですが
どういう形でという具体案は特にないまま
2度目の開催から4年の月日が経ちました。

設立20周年というきりの良い年に
「あおのかぜ」の一部門となり
その「あおのかぜ」は「SO-KO」という場を持つことになり
そこでの開催となったことは
計画しているようにも見えますが
ほぼ偶然です(笑)

モンスーンアジアを巡り始めたころは
チェンマイに住むのが夢だったワタクシですが
粟生間谷に落ち着くことになりました。

長期開催ですが
間で展示替えがありますので
何度でもお越しください(笑)

18,19日は中国茶の振舞いもございます。
営業時間は10~16時。
19日は13~16時となっておりますのでご了承ください。

その他の営業日はスケジュールカレンダーをご覧ください。

明日からです

 

久々の札幌。
何よりも涼しいのが嬉しい(^0^)

いつものアクセサリーとパーツ展ですが
最終日の20日には
手縫いで出来る「和ブラ」のワークショップも同時開催。
ずーっと気になっていたワークショップなのですが
私のわがままで開催していただくことに♪

20日13時から3~4時間で仕上がります。
生地込みで¥4000
生地持ち込みは¥3500

生地は反物なら150センチ
服地なら110センチ程必要です。

「あおのかぜ」の服にも使われている
とっても気持ちよい手織り布のハギレもご用意しています。
(生地代は実費、パッチワークの必要ありですが。)
気になる方はぜひ!

杭州ヘ

上海のホテル近くの市場

無事上海にたどり着き、モンスーンアジアを巡る旅の最終地杭州ヘやって来ました。
杭州いえば龍井茶。
と言うことで茶葉博物館と生産地龍井村を訪ねて来ました。

博物館の東屋からの風景

龍井村はかなり観光地化されていて驚きましたが、どちらも見応えは充分でした。
明日は「あおのかぜ」のシルク製品の打ち合わせです。

昆明

訪問するのは3度目。
この街も大きく変化していました。

初めて来たときも都会だなぁと思いましたが
どんどん便利になっている。
まだ発展の途中。これからさらに変化するんだろうな。

桃の花、でしょうか?
滞在したホテルの近くでは花が満開。
一足先にお花見を楽しみました。

さぁ、明日は上海に移動です。

桜井マルシェ

突然帰国したわけではございません(笑)
只今中国、昆明に居ります。
が、明日3月10日は「あおのかぜ」桜井マルシェに参加です。
いつもの商品に加え、今回の旅で仕入れた雑貨が並びます。
ぜひお立ち寄りくださいませ〜。

ヤンゴンの市場にて

中国へ

いよいよ4ヵ国目に突入です。
向かうは景洪。タイ族自治州です。
タイ以降英語、タイ語、中国語
チャンポンで話しているので違和感ないかもしれません。ちなみにどの言語もまともに話せません(笑)

国内バスよりずっと小さいバス。
国境越え後乗り換えるかと思いましたが
雲南ナンバーなのでこのまま行きそうです。
無事景洪へたどり着けますように!

チェンマイへ

バンコクから
次の都市チェンマイへと移動です。
これ以降は中国までほぼバスでの移動。
モンスーンアジアを巡る…
とういうより駆け巡るという感じです。

久々のバンコクは
予想通りいろんなことが変化していて
「案内して下さい」
と言われてもきっともう無理。
その変化についてすべてを否定はしないけれど
ちょっと寂しくもある。

ホテルの近くの風景。
今回初めて泊まった場所なのに
小さな家内工業的縫製工場とクリーニング店が並ぶ下町で
昔ながらの風景にほっとする。

高架下は屋台営業にぴったり

昔ながらのかごでご飯を蒸しています

マーケットも数年行かないうちに
すっかり店が変わっていたけれど
開業当初からお世話になっている
石屋さんは健在でした。

“おっちゃん”と呼んでいるけどきっと同世代…

「長い間来なかったなぁ」
1年空いただけだけどそう言われた。
「日本人はもう誰も来ないよ」
とも言った。

以前は“おっちゃん”の店には
よく日本人が仕入れに来ていた。
今はヨーロッパの人が少し来るだけだそう。

途中で入ってきた仕事仲間に
「こいつ日本から仕事できてるんだ」と話してたけど
仕事と言えるほどの量は仕入れていない。
それでも取引先と認識してくれているのが嬉しかった。

一旦店を出てから
ふと思いたち写真を取らせてもらった。
20年以上の知り合いなのに初めての写真。
次行くときまで元気でいてねー。

さぁ、そろそろチェンマイに旅立ちます。